境内配置図

書院紹介
home > 書院を見る > 境内配置図

境内配置図

韓国書院の宗主

陶山書院は、建築物の構成面で見ると大きく陶山書堂と、これと調和する陶山書院に区分される。陶山書堂は、退溪先生が生前に講学なされた場所であり、陶山 書院の名は先生の死後、後学達がその学徳を称えるために建てた書院と祠堂を含めて示す名である。

書院の配置の形体は、教育施設である講堂が前にあり、祭祀施設である祠堂が後ろにある典型的な前学後廟であり、後世の多くの書院達がこの形を見習った。特 に、朝鮮性理学の本山であり、嶺南儒学の求心点として、その力量を遺憾なく見せた陶山書院は、韓国書院の宗主として認められている。 書院の建築物達は、全体的に簡潔・質素に仕立てられ、退溪の品格と学問を勉強するソンビの姿勢をよく反映している。

  1. 陶山書堂群:
    陶山書堂、隴雲精舍、亦樂書齋、下庫直舍、淨友堂- 陶山書堂: 玩樂齋、巖栖軒 - 隴雲精舍: 時習齋、觀瀾軒
  2. 陶山書院群:
    進道門、典敎堂、博約齋、弘毅齋、東光明室、西光明室、藏板閣、上庫直舍
  3. 帝鄕( 祭享 )建物群:
    尙德祠、三門、典祀廳
  4. 付属施設群:
    玉振閣、洌井